2014年05月10日

降臨ダンジョンの思い出

一応今までの降臨モンスターは全てゲットしてきた。

戦力充実が目的なんで、地獄が選べる場合は超地獄には行ってない。

というわけで、いままでのまとめ。(2014.5.10現在)

降臨3.JPG

良く使ってるのは 「バステト」 「闇ノエル」 「ゼウス」 「ウルズ」 。


「バステト」は火力は安定しないものの、回復が高く、粘り強く戦えた。

「闇ノエル」はいけるところは安定してクリア出来る。入手も簡単で文句なしに優秀。

「ゼウス」は万能。先制攻撃を受けても威嚇か最悪コンティニューでどうにかなる。

「ウルズ」は赤ソニアと組むことで、回復攻撃両面で優れる。


1度しか行ってない所も多いが、今ならがんばればディオス以外はノーコン狙えるか?

ちょっと残念なのは、最近の降臨モンスターの有用性が明らかに低下していることかな。

最近は無課金の強モンスターも揃ってきたし、相対的に降臨モンスターが弱まるのも仕方ないか?



話は変わって昨日のアテナ降臨。

Screenshot_2014-05-09-20-40-34.JPG

アテナ降臨は超地獄の中でも比較的簡単。

とはいっても、クーフーリン戦でチョイチョイ事故るため、油断できない。

スタミナも50だし、自分としてはきっつい作業。


Screenshot_2014-05-09-21-28-20.JPG

「スキルアップかくにん!よかった」

どこぞの実験ノートか?

9体まぜて1つアップでは良いとは言えねぇでしょ。

アテナ様、渋すぎるぜ。



647.JPG「もうクタクタナンすけど。有給とっていいっすか?」



あ? ・・・いいよ。



posted by アジズ at 08:35| Comment(2) | 攻略メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月05日

キング祭りはうまいのか?

新実装のキングカーニバル。

うまみはどうなんでしょね?

今回は時間の関係で4周しか廻せなかったが、以下のような結果だった。


キンルビ×1 
キンサファ×3
キンエメ×2
キンゴル×3
キンメタ×5
超ルビドラ×0
超サファドラ×0
超エメドラ×0
超ゴルドラ×0
超メタドラ×1


超キングはたまに落ちる、という感じみたいだな。

獲得経験値を同属性として単純計算すると・・・


82500×6=495,000
75000×8=600,000
150000×1=150,000

Total 1,215,000/4回



つまりスタミナ50で1回当たり 303,750 exp だった。

以前考察した超メタドラ降臨!だと平均23万くらいだったので、経験値の効率はザックリ言って1.3倍。

問題は育成対象のモンスターに合った色が出るかどうかだが、気にしないで混ぜても普通の超キングと遜色ないくらいだな。

いいんじゃないですかね。



ちなみにこんなパーチーで廻してました。


Screenshot_2014-01-04-19-08-23.JPG
そこ、ショボ〜イとか言わないように!

仕方がないだろ、しょうがないだろ!俺だって好きでこんなパーティー組んでるんじゃないんだよ!

サタン・アテナだと万が一初っ端で弱点じゃない超キング様に当たってしまったら死ぬ可能性高いし。

時間効率優先するほど石もないし・・・(汗)

とりあえず闇ノエル便利すぎ。



posted by アジズ at 09:29| Comment(0) | 攻略メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月21日

超メタドラ降臨!考

超メタドラ降臨。

今回は夜時間に来てくれた上、仕事の飲みもなかったので挑戦できた。

ランクアップと石使用を絡めて10回潜った結果はこんなかんじ。


超キング 150,000*5体=750,000 Exp

キング 75,000*14体=1,050,000 Exp

ハイ 15,000*33体=495,000 Exp

Total 2,295,000 Exp



計算すると1回当たりの合成経験値(闇属性に対する)は平均23万ってことになる。

以前どこかで見たデータだと平均22万とか書いてあったので、妥当な所か。



サックリ 400万テーブルモンスターを Lv-Max にするのに必要な挑戦回数を計算すると、470/22 = 約22回。

石1つで1回潜れるランクだと石22個。  
石1つで2回潜れるランクだと石11個。  
石1つで3回潜れるランクだと石6個。  

同様に500万テーブルモンスターをLv-Max にするには約27回。 

石1つで1回潜れるランクだと石28個。  
石1つで2回潜れるランクだと石14個。  
石1つで3回潜れるランクだと石7個。  

ふむ、なるほど。

今後ガチャを廻す時は育てたいモンスターの顔色を伺いながら、ということになりそうだな。


posted by アジズ at 01:37| Comment(2) | 攻略メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月11日

火属性ドラゴンの比較

戦国龍シンゲンをゲットした。
コストは高いが、低レベルでもかなりのステータス。

少なくとも究極龍とは雲泥の差なのだが、火のドラゴンたちの棲み分けはどうなっているのだろうな?



ちゅうわけで軽くまとめ。

※今はブレスにスキル効果が追加されたり究極進化追加で状況が変わってるので注意。(2014.2.27追記)

■火ドラゴン・ステータス一覧
20130411_1.JPG
(クリック拡大)


・御三家(グランティラノス)

ステータスはやや低め。スキル発動もLv-1ではかなり遅め。
だが経験150万タイプで育成しやすく、究極進化後のLS・攻撃2倍/回復2倍の有効性は他の火ドラゴンを圧倒。

用途:低ランクのメイン・サブ戦力、或いは火のリーダー



・戦国龍/機械龍(シンゲン/ベテルギウス)

高HPとなかなかの攻撃力。
ステータス総合値ではLv1、Lv99双方で他ドラゴンを圧倒。
HP・回復力では戦国龍が優れ、攻撃力では機械龍が優れる。
スキルのダメージ効率も比較的高め。

あまり育成しなくてもそこそこ強いってのは、無課金にはありがたい。


用途:火パ・ドラパのHPタンク


・歴龍(アードヘッグ)

高HP・高回復力で総合力は高い。
攻撃力はいまいちだが、スキルのブレスが初期9ターン、最短4ターンで25000と効率No.1。
よって耐久パでのザコ掃討相当、ボスへのダメージソースとして活躍可能。

ネックはコスト。

用途:火パ・ドラパのHPタンク、回復底上げ要員、耐久パでのダメージソース


・究極龍/カラドラ(ムスプルヘイム/メテオボルケーノドラゴン)

そこそこのHPと攻撃力。
ムスプルヘイムはカラドラの上位互換だが、中盤まではカラードラゴンの方がステータスが伸びるので育て切らない場合はカラドラの方が役立つ。
あと究極進化後のムスプルヘイムはスキルのダメージ効率(*)がもっとも高い。(*初期レベル換算)
カラドラのスキルも弱くはない。

L/Sの火ダメージ1/2は、汎用性が高いので特定ダンジョンで強い。

用途:火ダンジョンでの1/2要員


・天空龍(エルドラド)

攻撃力特化。
持ってないが、晩成型で最高レベル近くになるまであまり強くならないらしい。
スキルも強くない。

用途:ドラパ・火パのサブ


・イフリート

ステータス的にはティラノスの上位互換だが、ティラノスの良さであった育成効率面では劣化。
全属性4種類の究極進化があるため、色に合ったダンジョン攻略用か。

用途:特定ダンジョンでのリーダー候補


・玩具龍(フレアドラール)

攻撃が低いが、防御態勢+2重属性の半減もち。
他のドラゴンはアタッカー or HP要員がほとんどなので、こいつだけは明確に役割が異なる。

用途:火・木ダンジョンでの1/2要員、火パでの回復役



こんなところか。

見渡せば戦国龍はかなり汎用性が高く、しかも優秀ってことで、安心して育てて良さそうだな。


 
posted by アジズ at 07:03| Comment(0) | 攻略メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月26日

無課金で魔法石はいくつ集まった?

今の状態はランク70。攻略は 

聖者の墓 -深層-

名も信仰も無き神殿


ってところ。

今のところ完全無課金だが、石はいくつゲットしたかというと・・・




レアガチャ 10回×5=50

モンスターBOX拡張  90枠/5=18

スタミナ回復 & コンティーニュー =0


計68個。



ゲーム初めて1ヶ月くらいだから、ガンホーさん結構良心的といえるのではないか。

既に1000円・2000円くらい払ってもいいと思えるくらい、楽しませてもらっている。

そのうち、データ補完課金しようかと。

そもそも、全員無課金なら、ビジネス成り立たないしね。
 
 
posted by アジズ at 07:15| Comment(0) | 攻略メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RDF Site Summary
RSS 2.0
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。